原子衝突における電子励起と関連現象2005

筑波大学応用加速器部門シンポジウム

会場: 筑波大学研究基盤総合センター応用加速器部門 大セミナー室(C305号室) 

アクセス方法は、ホームページ( http://www.tac.tsukuba.ac.jp/uttac/access )を参照下さい。

 

プログラム

講演時間30 (質疑応答10)

3/17()

13:00 開会挨拶    工藤 (筑波大学研究基盤総合センター長)

 

座長 島 邦博 (筑波大)

13:10 石井 慶造 (東北大) MeV軽イオンと原子との衝突機構

13:40 黒澤 正紀 (筑波大) PIXE による地殻深部流体の分析

14:10 菅井 (KEK) 炭素フォイル開発20年と島先生

14:40 小栗 慶之 (東工大) プラズマ中の重イオンの阻止能と荷電変換

15:10 - 15:25 休憩

 

座長 工藤 (筑波大)

15:25 佐藤 幸夫 (放医研) 6.0 MeV/u 重イオンの荷電変換データと密度効果

15:55 坂本 直樹 (奈良女) 高速領域における阻止能

16:25 島 邦博 (筑波大) MeV領域衝突のイオンの電離と標的原子の電離 (60)

 

18:00 - 20:00 懇親会(島 邦博 先生送別会を含む)

 会場: オークラフロンティアホテルつくば (http://www.okura-tsukuba.co.jp/)

 会費: 5000円 (:17:40 玄関前より送迎バス,帰り:20:00 会場→筑波大)

 

3/18()

座長  俊行 (都立大)

9:15 伊藤 秋男 (京都大)

   多原子分子〜液体を標的としたMeVイオン原子衝突研究の展望

9:45 柴田 裕実 (京都大) 

   極端紫外光(EUV)発生及び微粒子イオン生成のための帯電液滴生成実験

10:15 服部 俊幸 (東工大)  ナノ炭素薄膜による低エネルギーイオンの異常エネルギーロス

10:45 - 11:00 休憩

 

座長 柴田 裕実 (京都大)

11:00 粟津 浩一 (産総研) 重イオンビームを用いた微細加工の現状と課題

11:30 岩瀬 彰宏 (大阪府立大)

   GeV重イオンと物質との相互作用 −その素過程から材料改質への応用までー

12:00 笹 公和 (筑波大) 筑波大タンデム加速器におけるビーム利用研究

12:30 - 13:30 昼食

 

座長 岩瀬 彰宏 (大阪府立大)

13:30 土田 秀次 (京都大) 金属箔の高速イオン照射誘起可逆変形の時間発展

14:00 冨田 成夫 (筑波大) 炭素クラスターによる炭素薄膜からの2次電子の測定

14:30  俊行 (都立大) 結晶光子場による多価重イオンのコヒーレント共鳴励起

15:00 閉会の挨拶 島 邦博 (筑波大)

 

研究会お問い合わせ及び懇親会参加申込み先 (申込み締切3/14)

研究会事務局 :     ksasa@tac.tsukuba.ac.jp (笹 公和宛)

                                TEL: 029-853-2494 (不在時2491)