第29回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会は盛会の内に終了いたしました

 2016年6月30日、7月1日に筑波大学で開催されました第29回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会には、全国各地の静電加速器施設関係者及びビーム利用研究者、また企業関係者等の計104名のご参加者がありました。口頭発表件数は26件(そのうち特別講演3件)あり、ポスター発表件数は11件でした。研究会開催期間中は活発なご議論と情報交換がおこなわれました。特に今年は、法令改正後初となる静電加速器施設の廃止措置の実施例2件の報告があり、今後の施設運営に関するご参考になったのではないかと思われます。
 また今年は、企業関係より、ブース4件のご出展と広告掲載10件のご協力がありました。ご支援に御礼を申し上げます。

 来年度は、日本原子力研究開発機構東濃地科学センターが開催担当機関となります。
 皆様に再会出来ますことを楽しみにしております。

2016年7月吉日 
第29回タンデム加速器及びその周辺技術の研究会 実施委員会

タイムスケジュール

1st Circular 2016/5/9(月)
講演申し込み 2016/5/27(金) ポスター発表のみ 6月3日(金)まで延長
アブストラクト 2016/6/10(金)
2nd Circular 2016/6/13(月)
参加登録のみ 2016/6/23(木)
開催日 2016/6/30(木) - 7/1(金)
プロシーディング 2016/8/28(日)
コンテンツ配信