Skip to main content

マルチタンデム加速器施設の共用事業

 筑波大学研究基盤総合センター応用加速器部門では、マルチタンデム静電加速器施設および放射性同位元素計測を学外から利用できる共用事業を実施しています。産学官の利用者に対し、放射線取扱施設でしか作り出せない高度制御された多種高エネルギー粒子ビームと放射性同位元素を用いる計測手段を高い利用技術と共に提供することにより、産業分野および学術分野における基礎から新産業創生につながるイノベーション創出を促すことを目指します。

 共用事業のユーザーに対して提供されるのは、
(1)3台のイオン加速器を利用して生成する多種高エネルギー粒子ビーム、
(2)それらに関する専門技術と知識を高感度物質・材料分析、微細加工、照射試験、地球環境研究等に活用すること、
(3)放射性同位元素と施設共用の関連計測系を利用する陽電子消滅実験とメスバウアー分光分析などの放射性同位元素利用、
などです。

利用の概要

 利用できる装置・測定手法(共用リソース)は、共用リソース一覧を参照してください。共用リソースの仕様や使用条件については、相談フォームや電話にて相談を受け付けています。
 ・利用相談フォーム

利用方法には成果を公表する成果公開課題と、成果を公表しない成果占有課題があり、利用料金が異なります。

利用料金が免除される利用形態として、産業課題あるいは産学連携課題を対象とするトライアル利用があります。

利用方針が決まったら課題申請をして戴きます。課題申請から利用までの流れは、「申請から実施の流れ」をご覧ください。
 ・利用課題申請書(MS-Word)

実際に利用する際には、マシンタイム申請を行なって下さい。
 ・マシンタイム申請フォーム

高崎量子応用研究所 TIARA

同じ事業を実施している日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所TIARAの利用により、研究の範囲が広がる場合があります。
http://www.taka.jaea.go.jp/innovation/equipment/index.html

施設利用成果報告書一覧

[1] 加速低LET粒子による民生半導体部品宇宙適用試験の調査研究
利用者名:三菱電機株式会社
利用課題番号//報告書公開日:INV0704//2008.6.12

[2] 量子ビーム照射ナノサイズ細孔形成によるセンサー高感度化技術の開発
利用者名:株式会社エマージングテクノロジーズ
利用課題番号//報告書公開日:INV0702//2008.12.11

[3] 半導体結晶中の不純物元素の評価
利用者名: (財)新機能素子研究開発協会 次世代インバータ基盤技術研究所、(独)産業技術総合研究所
利用課題番号//報告書公開日:INV0802//2008.12.19

[4] PIXEによるSiCウエハにおける不純物元素の評価
利用者名:(財)新機能素子研究開発協会 次世代インバータ基盤技術研究所、(独)産業技術総合研究所
利用課題番号//報告書公開日:INV0804//2009.3.31

[5] 放射性元素の挙動とレアメタル資源に関する基礎調査
利用者名:(株)マザック ストーン
利用課題番号//報告書公開日:INV0705//2009.5.20

[6] 人工衛星搭載放射線観測装置の開発
利用者名 :宇宙航空研究開発機構 研究開発本部 宇宙環境グループ、明星電気株式会社技術開発本部
利用課題番号//報告書公開日:INV0701//2009.11.17 

[7] 高エネルギーイオンビームを用いた低誘電率材料の評価
利用者名:(株)ルネサステクノロジ 解析技術開発部
利用課題番号//報告書作成日:COM0902//2009.12.25

[8] 薄膜中の水素の定量
利用者名:キヤノン株式会社 総合R&D本部 基盤技術統括部門 ナノ材料・分析技術開発センター分析技術研究部
利用課題番号//報告書公開日:INV0703//2010.3.16

[9] 高エネルギーイオンビームを用いた無機薄膜の評価
利用者名: キリンビール株式会社生産本部
利用課題番号//報告書公開日: INV0801//2010.8.1

[10] メスバウア-効果による酸化鉄ナノ粒子の電子状態の研究
利用者名:日立マクセル株式会社
利用課題番号//報告書公開日:INV0803//2010.10.27

[11] 電子部品中の水素濃度定量
利用者名:太陽誘電株式会社
利用課題番号//報告書公開日:INV0805//2011.3.22

[12] 新星爆発起源の宇宙元素合成の研究
利用者名:東京大学原子核科学研究センター/McMaster大学/日本原子力研究開発機構
利用課題番号//報告書公開日:YU1006//2011.7.27

[13] 加速低 LET 粒子による民生半導体部品の評価手法の調査研究
利用者名:三菱電機株式会社 鎌倉製作所 宇宙システム部
利用課題番号//報告書公開日:INV0806//2011.9.29

[14] 高速重イオンビームを用いたナノ加工技術の開発
利用者名:産業技術総合研究所/早稲田大学
利用課題番号//報告書公開日:YU1007//2011.9.29

[15] FIB-CVD 法による DLC 微小構造体の水素濃度と機械的特性の関係
利用者名:産業技術総合研究所
利用課題番号//報告書公開日:YU1005//2011.9.30

[16] 各種成膜条件による DLC 膜中の重水素 ・軽水素の分析評価
利用者名:茨城大学
利用課題番号//報告書公開日:YU1104//2012.3.28

[17] 永久磁石を用いたミュオンビームスペクトロメータの較正実験
利用者名:高エネルギー加速器研究機構
利用課題番号//報告書公開日:YU1106//2012.12.18

[18] MOD/MBE法作成の銅酸化物薄膜の厚さ/組成測定
利用者名:高エネルギー加速器研究機構
利用課題番号//報告書公開日:YU1012//2013.4.28

[19] イオンビーム分析法を用いた酸窒化物薄膜の組成分析
利用者名:神奈川科学技術アカデミー・透明機能材料グループ/東京大学・大学院理学系研究科化学専攻
利用課題番号//報告書公開日:YU1011//2013.7.24

[20] ダイヤモンド状非晶質炭素薄膜中の水素同位体の検出限界の確認
利用者名:株式会社ユーテック
利用課題番号//報告書公開日:TR1208//2014.1.28

[21] 高効率中性子反射ミラー材の開発
利用者名:高エネルギー加速器研究機構、日本中性子光学株式会社、東京理科大学
利用課題番号//報告書公開日:YU1107//2014.4.22

[22] Feを含む酸化物高温超伝導体に関する研究
利用者名:防衛大学校
利用課題番号//報告書公開日:YU1101//2014.7.31

[23] カーボン薄膜の水素分析
利用者名:富士電機株式会社
利用課題番号//報告書公開日:TR1307//2014.11.25

[24] 高強度レーザー加速イオンビーム計測器の較正実験
利用者名:京都大学・化学研究所
利用課題番号//報告書公開日:SG1401//2016.3.29

[25] Nafion 膜中のFe(III)の存在状態の分析
利用者名:技術研究組合FC-Cubic
利用課題番号//報告書公開日:TR1506//2016.3.29

[26] メスバウアー分光を用いた酸化鉄ナノ粒子のVerwey 転移のサイズ効果の解明
利用者名:物質・材料研究機構 量子ビームユニット
利用課題番号//報告書公開日:YU1014//2016.3.29

[27] イオンビーム分析法を用いた酸化物薄膜中の軽元素分析
利用者名:東京大学・大学院理学系研究科化学専攻
利用課題番号//報告書公開日:YU1301//2016.3.29

[28] Fe-Niの磁性に与えるイオン照射の影響
利用者名:愛媛大学理工学研究科生産環境工学専攻
利用課題番号//報告書公開日:YU1304//2016.3.29

[29] DLC 膜の物性における装置規模の影響評価
利用者名:茨城大学
利用課題番号//報告書公開日:YU1502//2016.3.29

利用課題募集要項、利用課題申請書

現在、利用課題を募集しております。
詳しくは利用課題募集要項をご覧ください。

利用課題募集要項は ここ に、利用課題申請書は ここ にございます。

*2014/3/28 利用課題申請書を一部改訂致しました。

コンテンツ配信