First East Asian Symposium on Accelerator Mass Spectrometry & 8th Symposium on Accelerator Mass Spectrometry (Japan)

ご案内

 2006年1月26日から28日まで、加速器質量分析(Accelerator Mass Spectrometry; AMS)に関するシンポジウムを筑波大学において開催致します。AMSは加速器を用いた学際応用研究として、最近その利用が各研究分野において急速に進展しています。例えば14C年代測定による考古学、文化財科学をはじめ、地球・環境科学等の多彩な分野で利用されています。シンポジウムでは、AMS研究が急速に発展しつつある東アジア諸国の研究者も招聘し、AMSの施設現状、技術開発、応用研究等の幅広い分野について研究発表、意見交換をおこなう予定です。
 多くの方々のご参加をお待ちしております。

 AMSシンポジウム開催要項
 日時: 2006年1月26日(木)10:00~28日(土)14:00
    26日10:00~27日11:00 第1回東アジアAMSシンポジウム
    27日13:30~28日14:00 第8回AMSシンポジウム
 会場: 筑波大学 総合研究棟B 公開講義室 (B0110室)

News

お知らせ!!

2006年1月28日
AMSシンポジウム終了致しました。
多くの方にご参加及びご協力をいただきました。
ありがとうございました。

ご参加人数 計102名

次回、第9回AMSシンポジウムは、東京大学で開催予定です。
また、EAAMS-2は2007年に韓国で開催を予定しています。

* 参加者情報掲載
1月23日現在 
 ご参加登録 81名 (内、中国5名、韓国3名)
 懇親会御参加者数 50名
 発表件数
 EAAMS-1 14件 (including 8 invited)
 JAMS-8
  口頭発表 14件 (including 1 invited)
  ポスター発表 13件

2006年1月24日
シンポジウムの最終プログラムを掲載
2006年1月12日
シンポジウムポスター掲載
2006年1月5日, 12日
シンポジウムプログラム一部改訂
2005年12月29日
シンポジウムプログラム公開
2005年12月12日
シンポジウム名称を一部変更しました。
2005年11月24日 
英語版HP公開、ご案内を一部書き換えました。
2005年11月23日
シンポジウム開催日時が一部変更となりました!
2005年11月15日
第8回AMSシンポジウム & 第1回東アジアAMSシンポジウムHP公開! 

AMSシンポジウム開催要項

AMS研究協会会員ならびにAMS関連研究者 各位

 第8回AMSシンポジウム(AMS研究協会総会を含む)を第1回東アジアAMSシンポジウムと連携し、下記の要領で開催いたします。多数の方々のご参加をお待ちしております。

第8回AMSシンポジウム & 第1回東アジアAMSシンポジウム
  • 日時: 2006年1月26日(木)10:00~28日(土)14:00頃(予定)
        1/26(木)10:00~27(金)11:00 第1回東アジアAMSシンポジウム
        1/27(金)13:30~28(土)14:00 第8回AMSシンポジウム
  • 会場: 筑波大学 総合研究棟B 公開講義室 (B0110室) [茨城県つくば市天王台1-1-1]
    講内案内図
  • 参加費: 1,000円 (要旨集および報告集代を含む) [学生は無料]
    懇親会費: 4,000円

 第1回東アジアAMSシンポジウム (英語による口頭発表[25分])
  テーマⅠ: AMS施設の現状・将来計画と課題
  テーマⅡ: “ユーザーとファシリティーの有機的関係の構築にむけて”
  上記、テーマに沿った話題を含む研究発表、プログレスレポート等
    発表者 (予定) 中国、韓国等 5~6名 及び 日本の各AMS施設 6~7名
    懇親会
     26日(木) 18:00~20:00 (つくば駅周辺を予定)
    施設見学
     27日(金) シンポジウム終了後 11:00~12:00 (筑波大学タンデム加速器及びAMS装置)

 第8回AMSシンポジウム (日本語または英語による口頭[20分]及びポスター発表)
  AMSに関する話題、研究発表を広く募集します。
  * AMS施設に関するプログレスレポートは、東アジアAMS国際シンポジウムでお願いします。
    ポスター発表
     27日(金) 夕方を予定 (総合研究棟B0108室)
     * ポスター掲示板サイズ 1120(W)×1700(H)
     * 26日からの掲示を推奨します。
    AMS研究協会総会
     会期中に開催を予定しています。


 発表申し込み〆切 12月16日(金) (電子メールまたはFAX)
 懇親会参加申込み〆切 1月23日(月)
 要旨集原稿〆切 1月13日(金)
 報告集原稿〆切 2月28日(火)
 プログラムは、12月の第4週までに確定します。

 主催
  AMS研究協会
  筑波大学研究基盤総合センター応用加速器部門
  国立歴史民俗博物館・学術創成研究グループ
 共催
  高エネルギー加速器研究機構放射線科学センター
  日本放射化学会

 AMS研究協会会長  中村 俊夫 (名古屋大学)
 第8回AMSシンポジウム実施委員長 長島 泰夫 (筑波大学)
 第1回東アジアAMSシンポジウム実施委員長 今村 峯雄 (国立歴史民俗博物館)

発表募集要項及び申込書 Word改訂版
発表募集要項及び申込書 PDF改訂版

お問い合わせ先 (シンポジウム事務局)

第8回AMSシンポジウム & 第1回東アジアAMSシンポジウム
事務局
 笹 公和
 ams8@tac.tsukuba.ac.jp
 筑波大学 研究基盤総合センター 応用加速器部門
 305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
 TEL: 029-853-2494 (2491) / FAX: 029-853-2565
コンテンツの配信